FC2ブログ
無料アクセス解析SEO対策広告
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.07.12 (Fri)

ピティナ予選最後です!

今年のピティナ予選最後は大阪!

心斎橋の三木楽器さんにある開成館というサロン。

客席は4~50席くらい椅子がおいてあるだけの小さな小さなサロンでした。
ステージの段差はなし。

審査員席はなんと、客席からみて演奏者の左側。
つまり、背中側から、弾いている姿を間近にみる感じです。

私は客席の一番左の最前列、審査員席に一番近いところに座ったのですが、ホールのような残響もないので、まるでレッスン室でレッスンしてるような気持ち。


気をつけないと、残響のない中で地声のような音がしてしまうのですが、音をちゃんと作れればきれいに上品な音がでます。

観客は1部ごとに完全入れ替え制。
途中から入ることもできないし、入ったら途中から出ることはできません。

出演者は客席一番右に演奏順に座り、自分の出番を待つ。
小さい子は大変ですね。

さて最後の結果

E級
臼坂 玲音ちゃん(小5)  優秀賞

本選進出を決めました。

さてここから8月の本選に向けて!!



タグ : ピティナ ピティナコンペティション コンクール

10:06  |  コンクール受賞など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.09 (Tue)

ピティナ今治予選

6月29日30日は今治市での予選。

今治住民センターというところの4階がホールになっています。
でも、会議室とかサロンとかではなく、ちゃんとしたホールです。審査は2階、つまり5階まであがったところで行われます。
何年か前に2階で音を聴いたことがありますが、1階よりいい響きが飛んできます。
1階で聴くときも、後ろのほうで聴くほうがおすすめです。

今日の結果

A2 大木 鈴華ちゃん(幼長) 優秀賞

A1 永井 崚靖くん(小1)  優秀賞

C  井上 心遥ちゃん(小6)  優秀賞    

本選進出です。

予選はあと1か所。
本選に向けて、私も体力落とさないようにがんばります!!


タグ : ピティナ

22:45  |  コンクール受賞など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.30 (Sun)

ピティナ愛媛2.3予選

1週間遅れの時間差投稿です😢

ピティナ予選2週目のスタート。
22日23日はそれぞれ愛媛2.3予選。砥部町文化会館にて。

このホールはとてもきれいで800席もある広いホールです。
残響が多く、下手するとモヤモヤしてしまうので、クリアな音が出せない人には難しいホールかもしれませんね。

今日の結果

愛媛1予選 6月22日

A2級
池田 結月ちゃん(幼長) 優秀賞

A1級
永井 崚靖くん(小1) 優秀賞

連弾中級A
臼坂 玲音ちゃん(小5)黒川 きらちゃん(中1) 予選最優秀賞第1位

連弾中級B
臼坂 玲音ちゃん(小5)黒川 きらちゃん(中1) 予選最優秀賞第1位


愛媛2予選 6月23日

A2級
大木 鈴華ちゃん(幼長) 優秀賞

C級
井上 心遥ちゃん(小6) 優秀賞

連弾中級A
臼坂 玲音ちゃん(小5)黒川 きらちゃん(中1) 予選最優秀賞第1位

連弾中級B
臼坂 玲音ちゃん(小5)黒川 きらちゃん(中1) 予選最優秀賞第1位


20190630202232a8c.jpeg



翌週今治予選は次回。


タグ : ピティナ

20:20  |  コンクール受賞など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.16 (Sun)

今年もスタートしました、ピティナコンペティション

暑い日がやってきて、そろそろレッスン室にクーラーが入り、梅雨で湿気がすごく、除湿機も常に回し始めるこのシーズン、毎年恒例のピティナ予選がスタートです。
お母さんの中には、レッスン室にクーラーが効き始めるとドキドキするなんて言われる方も。

愛媛での予選は今週末土曜日スタートですが、県外ではすでに始まっております。
私もこのところは自宅→ホール→自宅と場所をかえ、レッスンフル回転。

6月15日は教室の中で最初の予選、岡山までいってきました。

岡山前期の玉島交流センターはこじんまりとした、中サイズのホール。
天井があまり高くないのでかなりダイレクトに音が聴こえてくる感じはあります。
ピアノは恐らくヤマハ。またはカワイです。スタインウェイではありません。
でも響きはちゃんとあって、脱力できたいい音が出せればよく響くいいホールです。

いつもながら、岡山に来ると「演奏者の励みとなりますので、大きな拍手をお送りください」のアナウンスがとてもほっとします。
私はコンクールだって拍手があってもいいじゃない!と思う拍手推進派。
愛媛でも拍手をください💦

さて、とても嬉しいスタートとなりました。

小学五年生の臼坂玲音ちゃん
今回は中学3年から高校1年生までが該当級のE級に2階級飛んだ飛び飛び級。
予選を通過しました。

しかも15日に朝から夜まで行われた全ての級の中で最高得点、1位だったらしく、
岡山支部賞という特別賞までいただきました。


20190616231918e93.jpeg



you tube で見る

飛び級だからと、コンクールだからと特に意識することなく、音楽を高めることに没頭してきました。
そして、教えこむのではなく、本人が理解できるように話しながら音楽を作っていきました。

まだスタートしたばかりですが、例え小さい子でもその理念は変えないでやっていくつもりです。

暑い夏は続きます。


23:02  |  コンクール受賞など  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.11 (Thu)

ベーテン音楽コンクール 本選

10月8日月曜(祝)
ベーテン音楽コンクールの本選でした。

参加人数が予定多くなり、会場が2つに分けられたそうで、小学5.6年生自由曲部門は福山リーデンローズホールから違う会場になりました。

福山東部市民センターというホール

2018101122005372f.jpeg

これは写真を見ただけでも、
反響板もない、後ろにも横にもカーテンがかかっていて、響きそうにない💧
辛い💦

県外遠征で弾くのだから気持ちの良いホールで弾きたいというのがみんなの思いだと思いますが、仕方ないですね。


井上 心遥ちゃん(小5)優秀賞で全国大会進出です。

ベーテンの自由曲部門は、地区予選、本選、全国大会と全て同じ曲でもよいし、全て変えてもよいということになっています。

予選はピティナ本選の曲でエントリー。

本選は全国大会と同じ曲にするかどうか迷った挙句、1ヶ月と少ししか練習期間がないけれど別の曲でエントリーすることに。大好きだというモーツァルトのソナタ、Kv280を短い期間で必死にがんばりました。

12月の全国大会に向けて、これから次の曲を始めます。

短期間で仕上げるのは、とても大変なことだし、長い間弾くよりは完成度を上げるのが難しくはなってきます。

が、それを繰り返しやってると一年後にものすごい力がついていたりします。
また、それをしないと、一年にほんの数曲しか弾かなかったということになります。

一度のレッスンに全て持ってこれなくても、ハノン、ピシュナ、コルトーなんでも良いですが指の練習、ツェルニー、クラマーなどエチュード、バッハ、そしてコンクールの課題曲などより大きな曲、初見で小さな曲をたくさん、ソルフェージュや理論の勉強も常にやっておきたいものです。

ところで、初見は絶対出来た方が良いのですが、小学低学年くらいで本当に初歩の、ほぼ読めません、という人にはぴあのどりーむの3巻くらいを一日一曲必ずノルマ、とかどんどん読んで弾いて行くことをお勧めしてます。

それより上ならミクロコスモス1巻から初見、これは2巻くらいになるとだんだん難しくなりますし、3巻に入るとかなり難しい。

6巻にもなると、十分に演奏会で弾けるような大曲になります。

高学年だったら、
グリーグ 抒情小曲集
チャイコフスキー 子どものためのアルバム
シューマン ユーゲントアルバム
なんかを初見でさらっていくのもいいと思います。

そろそろ発表会準備もスタート。

今は少しゆったりと過ごしていますが、秋はコンサートシーズンでもあり、これから楽しみもたくさん。

16:53  |  コンクール受賞など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT